スティーブ・ジョブズによれば、これがアップル製品の「i」の意味です。

ドキュメンタリースティーブジョブズ

その「私」は何ですか Apple いくつかの製品の前に置きますか? 正直なところ、家族との会話から、「i」はイノベーションの略であるという結論に至った経緯はわかりませんが、間違いはありません。 Appleがその製品に選んだ名前の背後にある物語はそれほど単純ではなく、その有名な接頭辞は単一の意味ではなく、いくつかの意味を持っています。

有名な人を初めて見たとき 名前の前の「私」 アップル製品の1998つは、スティーブジョブズが最初のiMacを発表したXNUMX年でした。 その後、iPod、iPhone、iPadだけでなく、iMovie、iPhoto(販売終了)、iDVDなどの一部の企業プログラムでも見られました。 接頭辞がインターネットと関係があるという信念も広まっていますが、その真の意味を見つけるために振り返るだけで済みます。

Appleが1998年に「i」を付けた意味

Jobs-プレゼンテーション-imac

マッキントッシュと同じ血を流しているが、消費者がコンピューターの目的、つまりインターネットへのアクセスを簡単かつ迅速に教えてくれる一番の用途に焦点を当てるつもりだ。 そしてそれがこの製品の目的です。

「私」は私たちにとって他のことも意味します。 私たちはパソコン会社であり、この商品はウェブ向けに生まれましたが、個人商品でもあります。 また、教育にも力を入れていきます。 彼らはそれを買いたいのです。 そして、それは彼らが教えることで行うほとんどのことに最適です。

前の単語に付随する画像でわかるように、「i」は次のことも意味します。

  • インターネット
  • 個人
  • 指導(指導)
  • レポート
  • インスパイア

El Apple TVの 1998年に最初のiMacで最初に導入されたプレフィックスは含まれなくなり、Apple Pay、Apple Watch、AppleMusicなどの最新製品でも有名な「i」が削除されました。 今の問題は次のとおりです。将来、新しいiProductが登場するのでしょうか。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   Nexus

    「アップルが製品に選んだ名前の裏話はそれほど単純ではなく、その有名な接頭辞にはXNUMXつの意味だけでなく、いくつかの意味があります。」 「しかし」は言葉遣いのXNUMXつの単語です