これは、片手でiPhoneを使用するというAppleのアイデアです

iPhoneを片手で持つ特許 4インチから4.7インチおよび5.5インチへのステップでは、否定できないことがあります。少なくとも快適に使用することはできません。 片手iPhone。 私はより大きな画面(そしてPlusの場合はOISとより良い自律性)を持つことの利点を楽しんでいますが、iPhone5sのサイズを見逃すことがあることを認めなければなりません。 Appleはそれを知っており、この快適さを私たちに返す可能性を評価しているようですが、ソフトウェアを介してです。

それが私たちが理解できることです 最新の特許のXNUMXつ iPhoneがどのようにできるかを説明するAppleの 私たちがそれをどのように保持しているかを検出します そして、自動的に、親指でそれらにアクセスできるように、インターフェースのいくつかの要素を移動します。 このシステムは、TouchIDをダブルタップするとiPhone6の画面が下がるのと同じように動くと考えることができますが、私たちの側で何もしなくても自動的に動きます。

片手でiPhoneを使用するためのAppleの特許

何よりも、Appleはそれができると言っています 既存のiPhoneでこれらの機能を使用する 現在、私はソフトウェアアップデートでそれを行うことができました(少なくともiOS11までそれを期待していませんでした)。 これが可能なのは、デバイスが加速度計やジャイロスコープなどの基本的なセンサーを使用してiPhoneの持ち方を判断するためですが、画面上で指を動かすと信号性能の変化を追跡することもできます。 一方、TouchIDを使用してiPhoneのロックを解除するために使用した親指も覚えている可能性があります。

この特許は新しいものではありません。 実際、彼が説明していることのXNUMXつは、 スライダー 「スライドしてロックを解除する」は、iPhoneを持っている手と iOSの10 スライダーは表示されなくなり、スタートボタンをタッチして端末のロックを解除するように求められるだけです。

私たちがいつも言っているように、特許が出願されたということは、いつかそれが見られるという意味ではありませんが、iPhoneの画面を下げるオプションがすでにあることを考えると、それは大したことではないようです。 タッチID。 将来のアップデートで表示されますか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。