アイルランドはアップルや他の大規模なものに対して12,5%の割合を増やす必要があります

アップル、グーグル、マイクロソフトなどの大手ハイテク企業は、支払わなければならない税金の面でメリットがあるため、アイルランドに本社を設立しています。 現在、これらの企業は12,5%の税金を支払っています。これは、バイデン政権によって提案されたグローバルプランによって修正する必要がある可能性がありますが、アイルランド政府は、本社を撤退する企業の数を確認するため、あまり賛成していません。国。

G7諸国と欧州連合は、原則として、すべての加盟国が15%の企業に最低税を課し、現在アイルランドで支払われている金額を2,5ポイント引き上げるという合意に達しました。。 もちろん、国はすでにこの措置に反対していることを示していますが、今では、この税に適用される点について交渉する用意があります。

現在の状況を文脈化する、l国は、各国で利益を上げている企業に異なる割合を適用する可能性があります。 この点では、 アイルランドは税金が最も低いヨーロッパの国です 彼らの利益で企業に、12,5%。 これは、アップル、グーグル、マイクロソフトなどの非常に強力な企業がこの国の大陸に本社を設立するきっかけとなっています。 これはアイルランドにとって良いことです。そうでなければおそらく捕らえられないであろう利益をもたらすからです。 これは特にAppleの場合に当てはまります。Appleは、アイルランドのすべてのヨーロッパ諸国からの利益を一元化して、この割合の恩恵を受けています。

米国は21%の最低税を提案しましたが、国際的な合意には達しませんでした。 逆に、 はい、その15%は、残りのG7諸国(米国、英国、フランス、ドイツ、カナダ、イタリア、日本)および欧州連合と合意しています。。 欧州連合の加盟国として、アイルランドはその12,5%から合意された15%にジャンプする必要があります。

アイルランドは、連合の他の国々と同じ税率をマークしなければならない場合、企業がそこに課税されたままで本社を設立する理由はないことを理解しています。 そのため、アイルランドは現在これらの企業に適用されているレートで「コミットメント」を交渉したいと考えているようです。 しかしながら、 他の国々はこの率を他の国々に対する競争上の優位性と見なしているため、多くの支持が得られるとは思われません。 大企業がさまざまな国で税金を支払うとき。 これが企業、その組織、およびダブリン本社を超えてヨーロッパで出現する潜在的な新しい仕事にどのような結果をもたらす可能性があるかを見ていきます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。