アジア諸国でのiTunesの不正購入の雪崩

この種の問題は世界中のAppleアカウントで時々発生し、一般的にAppleユーザーからお金を稼ごうとすると泥棒はますます巧妙になります。 ほぼ毎月、SPAMトレイで、Appleがユーザーの資格情報を取得してiTunesに費やそうとしているふりをしているフィッシングメールを見つけないようにすることは困難です。 シンガポールでは、数百ユーロ相当の多数の不正請求がiTunesアカウントに報告されています。 今こそセキュリティを強化する時です。

興味深いことに、シンガポールでのこれらの「盗難」の場合、すべてのユーザーがDBSまたはOCBCに銀行口座を持っていました。言い換えれば、銀行の情報源が何らかのメカニズムでアクセスデータをiTunesアカウントに漏らしたのか、それとも何らかのメカニズムでセキュリティ障害が発生したのかはわかりません。 これまでのところ、XNUMX月だけでもXNUMX件近くの不正収集が発生しています。これは、OCBCBankのクレジットカード担当ディレクターであるVincentTan氏が述べたものです。

XNUMX月初旬に、最大XNUMX人のクレジットカードユーザーからの異常な取引を検出して調査しました。 これらの取引は実際に不正であることがXNUMXつずつ確認されており、この盗難に遭ったユーザーを支援するために必要なセキュリティ対策を講じています。 明らかに、私たちは返金手続きを開始しました。

すべてのトランザクションには共通の分母がありましたn、料金は$ 112,03でした さまざまな小さなトランザクションで、さまざまなユーザーの手順が類似しているためにアラームが発生しました。 これらの料金はiOSApp Storeでは発生していませんが、iTunes製品を通じて、具体的には後で販売されるカードになると考えています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。