Appleでは、タブを移動します。 インドネシアでiPadとMacBookを作るペガトロン

このニュースは、Huaweiに降りかかった嵐と、米国とその企業の「拒否権」によるこの問題に対する中国政府の報復の可能性の後にメディアで明らかになりました。 この場合、ニュースで重要なことは、これがぎりぎりの動きであると信じないことです。 アップルと中国に拠点を置くその工場は、大量生産のための代替案を長い間模索してきました この場合、現地企業のPT Sat Nusapersadaが、インドネシアに拠点を置く可能性のある企業の地図に表示されます。

MacBookとiPadはXNUMX月に生産を開始する可能性があります

ペガトロンがインドネシアの地元企業に向けてこの動きをする可能性についてのデータはあまりないのは事実ですが、確かなことは、私たちが経験している「米国対中国」の最新ニュースによってすべてが促進されているということです。 AppleはすでにインドでいくつかのiPhoneモデルを作っているので 彼らが今、中国以外の他の場所へのiPadやMacBookの生産に参加することを考えているのも不思議ではありません。 将来の(または近い)問題を回避します。

その間ずっと PT SatNusapersadaのCEO、XNUMX月にこれらのデバイスの組み立てを開始する予定の会社は、ニュースを確認も否定もしていません。 Digitimesはまた、ペガトロンがこの仕事の可能な代替品をベトナムで探したが、最終的に彼らはすでにアップルの生産ラインの要件を持っていたインドネシアのバタムを決定したと付け加えた。 公式の確認を待つ間、中国でのAppleの生産の分散化に向けた最初のステップは、より一定し始めており、最近の出来事もあって、時間とともに増加すると予想されています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。