すべてのアップルサプライヤーは2030年までに石炭の使用を停止します

地球上のカーボンフットプリント

Appleは、他の多くの大企業と同様に、環境を守るという立場を何度も示してきました。 数年の間、Appleは石炭からのエネルギーの消費をやめました、しかし、彼らの製品の組立ラインと一緒に多くの供給者はまだ 彼らはこの汚染物質をエネルギー源として使い続けています。

Appleは、Appleが石炭の使用をやめるために働くすべてのサプライヤーと組立ラインのロードマップを作成しました。 10年続く長期計画。 2030年の時点で、現在Appleと協力している、または引き続き働きたいと考えているすべてのサプライヤーは、石炭からエネルギーを得ることができなくなります。

このようにして、2030年までに、Appleが市場に出すすべての製品 気候への影響はゼロになります。 さらに、アップルは、低炭素およびリサイクル材料の使用を増やし、エネルギーの観点から可能な限り効率的に製品を設計することにより、排出量を削減するための一連のアクションを設計しました...

また、大企業とその製造チェーンでのエネルギー使用を削減するための新しい方法を特定します。 あまりにも 製造プロセスを改善する また、2030年にゼロに達するまで炭素残留物が可能な限り少ない材料を使用します。

この長期計画でAppleが念頭に置いている主な目的は、 彼らの製品はリサイクル素材と再生可能エネルギーのみを使用しています、それらの製造が将来地球に重大な損害を与え続けることを防ぐため。

世界中のすべてのアップルストア、オフィス、データセンターが使用しています 再生可能エネルギーからのエネルギーのみ。 大気中の二酸化炭素排出量を削減することは、大企業だけでなく、あなたや私のようなペロニストにとっても問題です。したがって、可能な限り、プラスチックなどの電子機器を中心に、リサイクルとのコラボレーションの可能性の範囲に貢献する必要があります。 。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。