アップルの自動運転車が15月XNUMX日に事故に遭った

現実には、Appleには、いわゆるものに取り組んでいる従業員のグループがいます。 プロジェクトタイタン。 このプロジェクトは、自動運転と自動運転を備えた自動車を実現するために、自動車に自律性を与えることができる技術の設計を担当しています。 私たちは現在、AppleがメーカーLexusのサードパーティ製車でその技術をテストしていることを知っています。

今日、私たちはDMW(Department of Motor Vehicles)のおかげで過去が 10月15、 自動運転システムは、クパチーノに近いサニーベール地域で軽微な事故に見舞われました。 また、怪我はなく、車両へのダメージは最小限でした。

Appleは自動運転の開発を続けています

DMWの報告によると、15月XNUMX日、アップルの自動運転車(Lexus SUV)が、サニーベール(カリフォルニア)にあるノースウルフロードからスチュワートドライブを左折しているときにトヨタカムリと衝突しました。 公表された情報に基づくと、 事故のせいは運転手に落ちなかった。 これらの車は、プログラムされた自動モードがアクティブな場合でも、常にXNUMX人のドライバーを乗せていることを覚えておく必要があります。

El 15 de octubre a las 10:28, un vehículo de prueba de Apple en modo manual fue barrido mientras se preparaba para girar a la izquierda en Stewart Drive desde North Wolfe Road. El vehículo de prueba de Apple viajaba a aproximadamente 10 km/h cuando un Toyota Camry que viajaba a aproximadamente 25 km/h se salió de su carril y se chocó con el vehículo de prueba de Apple. Ambos vehículos sufrieron daños menores y no se reportaron heridos. Se notificó a la policía que el conductor del Toyota Camry se fue sin intercambiar información.

どうやら、当局にいかなる種類の情報も宣言せずに現場を去ったトヨタカムリについに責任が落ちたようです。 しかし、これらの特徴のイベントは、 オートマチック車 そして道路上のあなたの安全。 これまでのところ、AppleのProjectTitanに関連する事故はXNUMX、XNUMX件しかありません。

さらに、クパチーノの街路はアップルテクノロジーを搭載したレクサスSUVで埋め尽くされており、最もにぎやかな街路でますます見られています。 しかし、私たちはまだ持っていません この技術の進歩に関するいくつかのデータ。 推定されるのは、ビッグアップルは、自動車に実装できるサードパーティのメーカーに直面して、2020年から2025年の間に実際の解決策を提示するということです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。