Appleは、バナーを含まないがデータを保持するアプリを拒否します

タップストリーム

最近、Tapstreamアプリケーションは、バナーを表示せずにIDFA標準(広告主強化番号)を介してユーザー情報を保存したとして、Appleによって拒否されました。 Appleは標準を使用しています アプリケーションに広告キャンペーンを表示するIDFAしたがって、開発者が広告を表示していない場合、IDFAをツールに統合することは意味がありません。 これは、当該アプリケーションの作成者が商業目的以外の目的で当社の情報を保存していたことを意味している可能性があります。

Appleは、端末の識別に使用されるUDIDが、個人情報、ひいてはプライバシーを危険にさらすと広く批判された後、IDFA標準を導入しました。 現在、Appleはでのみ受け入れます IDFA標準を使用するAppStoreアプリケーション、ただし、広告主のバナーが表示されます。 開発者のみがこの情報にアクセスできます。

たくさん 開発者はIDFAを使用します 広告キャンペーンを適切なユーザーにターゲティングし、ユーザープロファイルを作成し、分析を取得します。

App Storeの利用規約では、Appleは、開発者が「保存されているすべての情報を削除して、別のユーザープロファイルを作成する」ことを決定した場合、ユーザーのプロファイルを維持することを禁止していると読むことができます。

このようにして、Appleは、すべての部門で使用するツールを使用して、より透明性を高めるというコミットメントを果たします。 また、次のようなユーティリティが開発者に明確になります IDFAそれらは、それらが作成された目的にのみ使用できます。

詳しくは- 最新のAppleの発表は、iPhone 5sで記録され、Macで編集されています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。