AppleはiTunesビジネスをルクセンブルクからアイルランドに移す

私たちはAppleと欧州連合におけるその事業との間の論争を続けています、そしてそれは最新の情報によると、 クパチーノ社は、iTunesのビジネスおよび管理システムをルクセンブルクからヨーロッパに移転することを決定しました。 アイルランドへ。 他の多くの企業と同様に、税務上の理由からルクセンブルクに企業として存在していると思います。 しかし、彼はそれほど物議を醸す場所に移動せず、Appleがアイルランド政府から何年もの間得てきた税の「利益」のために制裁と調査の過程でアイルランドに行きます。

すべては、この問題が長い間物議を醸すのをやめないことを示しています、そして今は少なくなっています。 手始めに、Appleはすべての開発者アカウントを移動しています、 約9.000億ドルの価値があります ルクセンブルクからアイルランドに直接。 この最終的な転送は5月XNUMX日に行われます。

Appleが欧州委員会から少なくとも支払うように要求されたため、現在、論争の渦中にあります。 14.500億ドルの税金これはすべて、クパチーノ社がアイルランドで受けている差別的な扱いによるもので、同じセクターの他の会社と比較してばかげた割合を支払っています。 しかし、これはAppleだけに限らず、Googleのような他の人たちもこれらの理由でラッキークローバーの国に存在していることを覚えています。

最終的に、iTunesビジネスはコークに移動します。そこからAppleは100か国以上にサービスを提供します。 iTunes、iBooks、Apple Music、AppStoreからのホスティング情報 iOSとmacOSの両方。 Appleがアイルランドで支払う料金に応じて、これが火に多かれ少なかれ燃料を追加するかどうかはわかりませんが、控えめに言っても奇妙な動きです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。