AppleはAppleIDの盗難について中国のユーザーに謝罪します

数日前、中国の一部のAppleユーザーは、AppleIDの大規模なハッキングに苦しんでいました。 事実、電気店での購入、iTunesの送金など、影響を受けた人々へのすべての出来事の後、すべてがフィッシング攻撃が 二要素認証がない これらのアカウントで。

真実は、Appleの謝罪は私たちにとっていくぶん奇妙なことです。 AppleIDでこの保護がアクティブになっていない 攻撃が発生した場合にデータにアクセスする方が簡単です。 とにかく、Appleは、何千人もの中国人ユーザーが影響を受けたこのフィッシングの波によって引き起こされた不便を謝罪しました。

Appleに求められているのは、中国のユーザーの市場を長期間にわたって統合して保護することであり、そのため、ユーザーをもう少し「甘やかす」ことができます。 この場合、攻撃はのユーザーにも影響を及ぼしました  AlipayとWeChatPay、 そのため、ハッカーは実際にいくつかの良い戦利品を取りましたが、回復することは不可能ではないにしても難しいでしょう。

による WSJ これはすべて個人情報の盗難によるものであり、したがって それを防ぐためにAppleができることはほとんどまたはまったくない。 いずれにせよ、このような場合には盗難を防ぐことができた可能性があるため、アカウントでXNUMX要素認証をアクティブにすることが常に重要です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。