Appleは、ケースを使用してもボタンの押下を改善したいと考えています

カバー それらは携帯電話の通常の機能になり、2006年以前はNokiaデバイスにはほとんど存在していませんでしたが、大画面と「プレミアム」素材の出現により、さまざまなケーシング、素材、およびちなみに私たちのポケットも保護します。

常にすべてに気を配っているアップル、 ユーザーが保護カバーを使用する傾向があることを考慮に入れ、ボタンを押すときのユーザーエクスペリエンスを向上させたい。 このために、それは新しいかなり好奇心の強い特許を登録しました、我々はクパチーノ会社からのこの考えをより詳細に見るつもりです。

Según パテントリーアップル ソリューションは比較的「シンプル」でした、ハウジングとモバイルデバイスの間に小さな磁石を入れて、ボタンと相互作用し、ボタンを押しやすくします。厚いシリコンケースでは、ロックボタンと音量ボタンを押すのが難しい場合が多いことはすでにわかっています。はいを軽く与えます。 この場合、磁石は押す作業を容易にするだけでなく、機械的なボタンに共通する古典的な「クリック」にも気付くでしょう。 Appleが細部を甘やかすのが好きであることは明らかであり、これはそれの新しい証拠にすぎない。

これはどうですか クパチーノの会社は、それぞれのアイデアでユーザーエクスペリエンスを向上させたいと考えていますただし、デバイスの「停電」を回避するためにプロセッサの電力を制限するというアイデアも、エンドユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的として作成されたことを忘れないでください。 とはいえ、これらのタイプの機能は公式のケース、またはAppleのシリコンケースがまだ高価ではないかのように大幅に低コストの機能に含まれることを理解しています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。