AppleはThinkDifferentのスローガンを維持しています

Think-Different

スティーブジョブズが1997年にアップルに戻ったとき、彼が最初にしたことは、私たち全員が知っている有名なキャッチフレーズを作成することでした。 についてです 違うと思う、IBMの「Think」運動への応答であった4つの単語。これは、スペイン語で「thinks」と「thinksdifferently」と解釈されます。 Appleが2002年のiMacG2009の発売に使用した有名なキャッチフレーズを最後に使用してから何年も経っていますが、Appleはスティーブジョブズのこのアイデアが忘れられてしまうことを望んでおらず、初めて。XNUMX年以来、 欧州特許商標庁の新特許.

Appleは新しい«を拡張しました国際クラス»XNUMXからXNUMXマークまで。 今、あなたは関係することができます 違うと思う Apple Watch、Apple Pay、Apple Pencil、iPad、Siri、そしてゲーム、ビジネス管理、サブスクリプションサービス(Apple Musicなど)、通信、放送コンテンツ、音楽、教育サービス。 さあ、実質的にそれが運営されているすべての市場で。

違うと思う まだAppleの計画の中に

これは、Appleが有名なスローガンで新しい広告を立ち上げるつもりであることを意味するかもしれませんが、それはありそうもないようです。 それを考えるのは簡単です スローガンを守り続けたい 最も有名なブランド、そしてせいぜい、いくつかの画像を見てみましょうまたは ポスター それは新しいデバイスに付随しますが、今日では想像するのも難しいことです。

スローガンが使われたとき 違うと思う 初めて、Appleは非常に異なる立場にあり、クパチーノの会社が コンピュータ以上のことはしなかった そして、その市場でのその地位は、世界中でほとんど残っていました。 2016年には、Appleコンピュータだけが年々売上を伸ばし続けており、さらに、それは現在の主な市場ではなく、モバイルデバイスです。

どう思いますか? Appleにスローガンを復活させたいですか 違うと思う 今日の広告のために?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。