Appleは別の訴訟に直面しているが、今回は3DTouchによる特許侵害である。

タッチ3D

Appleは 新しい需要。 2014年2015月とXNUMX年XNUMX月に、AppleはForceTouchディスプレイを発表しました。 タッチ3D それぞれ、6つ目はApple Watchで、XNUMXつ目はiPhone XNUMXs / Plusで。 これまでのところ、似たようなことを聞​​いた人はほとんどいないようですが、AppleがXNUMXつの特許に違反したと主張するImmersionという会社はそうではありませんでした。

その最初の特許 浸漬法の液量計算機 Appleが違反したという主張は«と呼ばれます効果が保存された触覚フィードバックシステム»そして、軽く触れた後のプレビューと強い圧力の後のアクションを表示するソフトウェアとして説明されています。 その説明は、Appleが昨年XNUMX月に発表した「Peek&Pop」を非常に彷彿とさせますよね? しかし、Immersionは、AppleがさらにXNUMXつの特許に違反したと主張している。

Appleは3DTouch、Peek&Pop、TapticEngineを訴えた

イマージョンがクパチーノの特許によって侵害されたと主張するXNUMX番目の特許は「触覚を提供する方法と装置«、そして同社は、Appleがこのシステムをいわゆる名前でコピーしたことを保証します タプティックエンジン、従来のバイブレーターとは異なる振動を持ち、手首や手へのタッチをシミュレートする新しいモーター。

モータータプティック

Appleが侵害したとされる特許のXNUMX番目は「モバイルデバイスで応答を共有するための対話性モデル«。 AppleWatchでは 別のユーザーにタッチを送信しましょう アップルクロック付き。 たとえば、友達と一緒にテーブルに座っていて、連絡先の注意を引きたい場合は、Apple Watchから彼に触れるだけで、テーブルの下で彼を蹴る必要はありません。

ImmersionのCEOであるVictorViegasは、次のように述べています。

業界の他の人々がハプティックの価値を認識し、製品に採用していることを嬉しく思いますが、私たちが作成したエコシステムと投資を保護するために、知的財産の侵害からビジネスを保護することが重要です。触覚体験を前進させ続けるために作られました。»

正直なところ、特許の名前と説明を読むと、Appleは確かにそれらに違反しているようです、それは言われています、そして何も起こりません。 イマージョンは 損害賠償、前述の違反が存在したと裁判所が判断した場合に受け取るもの。 最初に思ったように、ForceTouchはスマートフォンの画面を右クリックするようなものではありません。 これは、iPhone 3s / Plusの6DTouch全体に関するものです。XNUMX番目の機能は、圧力、物理的な警告、そして最後にリモートでのタッチの送信に依存しますが、後者はすでにAppleWatchにあります。

いずれにせよ、私たちはまだ事件の解決を待たなければなりません。 そして、Appleが技術進化の次のステップであると決定される特許のいくつかを提供しなかった場合、少なくともXNUMX番目の特許であるタッチの送信も同様であると考えることができます。 時間だけが私たちに答えを与えるでしょう。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。