Appleは年末までに中国にR&Dセンターを開設する

アップルストアチャイナ

中国での販売と政府の検閲がクパチーノの人々にとってますます困難になっているという事実にもかかわらず、アップルはまだタオルを投げていません。 昨年1.000月、ティム・クックは中国とインドを訪問してアジアに旅行しました。彼を助けた唯一のことは、その後、XNUMX億ドルも安く帰国することでした。 UberChinoに多額の投資を行う、その数か月後、国内のUber(公式)の一部であり、市場シェアは90%近くにとどまっています。 iTunes MoviesとiBooksの検閲の問題に関して、Tim Cookは当局との合意に達することができず、少なくとも両方のストアに表示されるコンテンツのフィルタリングを許可する合意に達するまで、サービスは停止されたままです。今週、Appleの責任者であるTim Cookが中国への旅行に戻ってきましたが、休暇か娯楽かはわかりません。 国内に新しい研究開発センターを設立することを発表しましたアップルは来年、日本にも別の研究開発センターを開設する予定であるため、アジアで最初に会社を開設するセンターですが、それだけではありません。

現時点では、中国でこの新しいR&Dセンターに参加する場所や従業員数はわかりませんが、開業日が近づくにつれ、詳細が明らかになるでしょう。 現時点ではわかりません AppleがChinに焦点を合わせ続ける距離最近は多くの収益を上げている国ですが、今日では中国ブランドの台頭により、iPhoneの販売がますます少なくなっており、クパチーノを拠点とする企業の数に影響を与えています。

 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。