Appleは日本で反競争的行為で非難された

今日の日本は Appleのポケットのために最も多くの収入を生み出す第三国。 ここ数ヶ月、日本での会社の慣行、日本人のお気に入りのプラットフォームとなった慣行に関連するニュースが発表されました。

独占禁止法委員会は数週間前にAppleを非難した iPhoneを低価格で販売する圧力キャリア、その結果、ユーザーの関連料金が高くなり、オペレーターが端末の販売を継続したい場合に、この状態のために失ったお金の一部をAppleから回収できるようになりました。 問題はAppStoreで見つかりました。

昨年、YahooJapanはGamePlusを立ち上げました。これは、HTML5で設計された多数のゲームを見つけることができるプラットフォームです。 いつでもダウンロードせずにプレイ、対応するブラウザで実行する必要があります。 Yahoo Japanの計画では、このサービスを別のサービスに拡張して、生産性アプリケーションを見つけることでした。アプリケーションはHTML 5で設計されているため、いつでもダウンロードする必要はありません。 もちろん、Appleは面白がらず、Yahooに圧力をかけ始めた。

日経の出版物で読むことができるように、52社がゲームプラスの立ち上げに参加しました。その中にはスクウェア・エニックスとヤフーがありますが、その直後に Appleから受けていたプレッシャーのため、プラットフォームへの投資を停止したようです。、このプラットフォームはAppStoreの明確な代替手段だったためです。 この問題に関する情報を収集している公正取引委員会によると、Yahooの事業への干渉を構成する可能性があり、独占禁止法により禁止されているAppleの行動。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。