アップルは、ロンドンの歴史的な場所に本社を設立する予定です

battersea_general

Appleは新しい「キャンパス」の設立に取り組んでいますが、今回はアメリカ合衆国以外では、歴史的なバタシー発電所エリアの他のどこにもあり得ないような話をしています。 現在、この地域は30年以上放置された後、修復の過程にあります。 Appleは修復を完了し、2021年頃にこの地域に定着する予定です。 ロンドンは、世界中の多国籍企業が本社と「本社」を設立するのに好まれる場所であり続けています。特にクパチーノ社と英国の国との良好な関係により、アップルはこれ以上少なくなることはありません。

これは、米国外のApple最大のオフィスになります。 46.500平方メートルの土地。 4.000人以上の現地従業員を雇用しているアイルランドのコークに本社を置くAppleの最初の動きのようです。 この動きが長い間検討されていたのか、それともアイルランドのクパチーノ社の財政的清潔性の欠如による欧州委員会の賦課に対するティム・クックの最初の対応であるのかはわかりません。

おそらく、Appleは2021年からこの場所を人的および財源の領域に使用するでしょう。Appleの代表者は、歴史的な場所で働き、協力する良い機会であると述べています。

設立日までに、構造改修の40%が完了し、3.000人の従業員が居住できるようになります。 最初の修復作業は今年2月に始まりますが、Appleが働くのは英国だけではありません。Tumbenは、バタシーのスペースの修復が完了するまで、ハノーバーストリートとジェームスストリートにサイトを作成することを計画しています。 一方、カリフォルニアのキャンパスXNUMXの建設は詳細を確定します。今年の春までに完成することを期待しており、Appleが写真を共有したらすぐに写真をお見せします。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   打者

    彼らはこれ以上の選択はできませんでした。バタシーはロンドンで最高のエリアであり、記録のために私はそこに住んでいるのでそれを言っていません😛