Appleは自動認識を使用してShazamをアプリクリップに変えます

iPhoneで使い始めた最初のアプリケーションのXNUMXつは ジャーン、私たちの周りで再生されている音楽を識別するアプリ、当時の魔法... Appleはアプリの名声を知り、そのテクノロジーをiOSに統合できるようにアプリケーションを購入することになりました。 シャザムの変更は、アプリ全体を必要とすることで以前に行ったことを可能にするコントロールセンターのボタンで最高潮に達しました。 今、次のことが発見されました iOS 14.6は、アプリクリップを使用して、iOSに統合されたShazamで識別した曲に追加情報を表示します。 私たちがあなたにすべての詳細を伝えることを読み続けてください...

Appleがローンチしたのは昨年でした iOS 14.2で、iOSコントロールセンターに直接Shazamロゴの付いたボタンがあります。 このおかげで、Shazamアプリをダウンロードすることを忘れることができました。これにより、Shazamの曲の認識を呼び出すことができたからです。 はい、 Siriでもそれを行うことができましたが、この方法で認識の使用が容易になりました。 もちろん、コントロールセンターボタンを使用する 識別情報を表示するWebページが起動されました。 新しいiOS14.6では、Appleは、識別エクスペリエンスをアプリで見たものにもっと似たものにすることを望んでいました。 彼らはどのようにそれをしましたか? アプリクリップ付き。

の操作を知らない方のために アプリクリップ、 AppleはiOS14で、開発者が提供できる可能性を発表しましたnアプリの縮小バージョンまたはプレビューバージョン。 そしてそれは Shazamボタン、Shazam Clip Appを介して曲の識別を行うときに、彼らが今私たちに提供するものです。 これにより、ダウンロードしたこの「ミニ」アプリを通じて、曲自体のすべてのデータを確認できます。 また、Shazam Clip Appのおかげで、 他のアプリで識別した曲を共有したり、歌詞にアクセスしたり、AppleMusicで再生したり... 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。