Appleは2万ドルを寄付し、ユーザーはHarveyの犠牲者のためにiTunesで別のXNUMXつを受け取ります

ハリケーンハービーは、間違いなくテキサス州の多くにとって悪夢です。 当局はこのハリケーンの犠牲者を助けるのに十分なものを提供することができず、これらの状況ではほとんど助けがありません。 ティム・クックを指揮するアップル自身 犠牲者を助けるために2万ドルを寄付しました この自然災害のために、しかしもっと必要です。

米国にあるApple自身のウェブサイトには、明らかに寄付を行うための特定のセクションがあります。 先週の金曜日、このカテゴリー4のハリケーンが上陸しました そしてその瞬間から、それは道路、高速道路、建物などを氾濫させる巨大な嵐になりました。

ツイートでは、クパチーノ社のCEO自身が テキサスのために助けと協力を求めた 数日前に:

ユーザーからの反応は常に模範的であり、この場合のみであることは間違いありません。 iTunesは1万ドルの数字を集めました。 この数字に、Apple自体などのエンティティや企業からの残りの寄付を追加する必要があります。これらは、テキサスやこのハリケーンハービーの影響を受ける人々にとって非常に重要です。

Appleは、この種の災害でアメリカ赤十字社と提携する傾向があるため、Appleを経由せず、赤十字社自体の配布のおかげで影響を受けた人々に直接送られる寄付を受け取ります。 寄付を希望するすべてのユーザーは、次の寄付を行うことができます。 5、10、25、50、100または200ドル。 これらの種類の寄付は、ハリケーンサンディや2011年の福島原発事故などの他の災害によって活性化されました。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。