アップルはXNUMX年連続で世界で最も価値のある会社であり続けます

ティム・クックがアップルの手綱を引き継いだので、クパチーノに本拠を置く会社 巨大な会社に成長しました 新しい市場に参入するたびに、これまで想像もできなかった市場や、同社がXNUMX年余り取り組んできたストリーミングビデオサービスなど、まだ来ていない市場があります。

同社が提供するサービスの数を拡大することは、端末の画面サイズを拡大することによって電話市場に適応する方法を知っていることに加えて、近年、同社を可能にしました 世界で最も価値のある会社になる、彼が過去XNUMX年間に保持し、再び検証したタイトル。

インターブランドの会社によると、アップルはXNUMX年連続で世界で最も価値のある会社のランキングを上回っています。 グーグル、アマゾン、マイクロソフト、コカコーラの上。 Appleのブランドエクイティは昨年と比較して15%増加し、184.1年の2017億ドルから今年は214.5億ドルになりました。

XNUMX番目の位置では、 グーグルを見つけました アマゾンは155億ドル、マイクロソフトは100億ドル、コカ・コーラは92億ドルでトップ5を締めくくっています。

AppleとGoogleは、昨年と同様に上位XNUMX位に入っています。 アマゾンは、その一部として、 ランキングでXNUMX位からXNUMX位に上昇しました、わずか56年で45%成長した企業で、昨年以来最も成長率の高い分類をリードしています。 昨年最も成長した30番目の会社はNetflixで、23%増加し、次にGucciが23%、Saleforce.comがXNUMX%、Louis VuittonがXNUMX%と続きます。

世界で最も価値のある100社のリストには、とりわけ、 XNUMX位のサムスン、Facebookが66位、Netflixが92位、SpotifyがXNUMX位。

ブランドの価値を決定する、分析会社のインターブランドは、ブランドの製品とサービスの財務実績、購入決定においてブランドが果たす役割、ブランドの競争力、忠誠心を生み出す能力、およびブランドの持続可能性を考慮に入れています。未来。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。