4歳でない限り、Apple Watch Series65の落下を検出する機能は無効になっています

最も影響を与えた機能のXNUMXつ 新しいAppleWatch Series 4 地面に倒れた後、動かない場合は、通知をするか、緊急事態を直接通知することです。 この時計機能はすべての新しいモデルで利用できますが、AppleWatchを設定する人が65歳未満の場合は設定で無効になります。

残りの古いユーザーの場合、標準でアクティブ化されます。つまり、これらのユーザーは設定でアクティブ化する必要はありません。 この機能は、ユーザーがいつでもアクティブまたは非アクティブにすることができますが、間違いなく 年齢によって無効になっているのは不思議な事実です 時計を設定する人の。

一部のテストは正しい動作を示しています

ソーシャルネットワークでは、マットなどでジャンプしても機能が作動しない新機能の効果を示す動画やデータがすでに見られますが、時計を装着している人が地面に倒れると、時計が作動します«緊急SOS 「機能の説明で読めることによると、手首をタッチするだけで通知されます」これらのタッチに応答しない場合は、事前に定義した番号に自動緊急通報が有効になります。 説明では、それはまたそれを言います 時計がすべての滴を検出しない場合があります そして、私たちが物理的に活動している場合、時計が混乱し、必要のないときに通知をアクティブにする可能性があるということです。

とにかく、時計が同期したらiPhoneから直接起動できるのは素晴らしい機能です。 このために私達は単にアクセスする必要があります iPhoneWatchアプリ>マイウォッチ> SOS緊急事態で、落下検出オプションを有効にします。 Appleはまた、65歳未満のすべてのユーザーに対して上記で述べたように、このオプションを無効にしました。これは、転倒は誰にでも起こり得ることを考えると正しいように思われますが、この機能は高齢者向けに作成されています。 新しいAppleWatchでアクティブになっていますか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。