「アップル」ブランドは(現在)時計とジュエリーをカバーしています

リンゴと貴金属

先日、iWatchの新しいコンセプト、想定されるAppleスマートウォッチについて話しました。これには、マップアプリケーション、音楽、Siri、そしてもちろん通知センターなど、iOS7ですでに利用可能な機能が含まれていました。 Blueetoothを介して近くにいる場合は、Wi-FiネットワークまたはiDeviceに接続します。 今日、MacRumorsは次のように報告しています 登録商標「アップル」は、「貴金属、貴金属を含む物品、宝飾品、時計」の作成/取引の可能性を含むクラス14を対象としています。 Appleは、iWatchと呼ばれると思われるスマートウォッチをすでに販売できますか?

アップルは将来、貴重なジュエリーを販売するでしょうか? それとも単にiWatchと思われますか?

英語のウェブサイトMacRumorsによって報告されているように、Appleは、米国オフィスの登録商標を新しいセクションに更新しました。セクション14には、上記の次の要素が含まれています。

 「貴金属、貴金属を含む物品、宝飾品、時計」。

¡おじょ! 今回のAppleブランドのアップデートでは、iWatchは確認されていませんが、貴金属を含む、またはそれに含まれる一部のデバイスで動作している可能性があります セクション 14。 個人的には、この新しいブランドのアップデートは、貴金属の破片を含むiWatchの差し迫った到着に直面していることを意味すると思います。

このニュースにもかかわらず、Appleが指輪、高級時計、ネックレス、ブレスレットでジュエリー業界に参入することを計画していることは私には不可能に思えます...もちろん主観的には頭に浮かばないものだと思います。

今、 この「Apple」ブランドのアップデートにより、スマートウォッチの発売を計画していることが明確になりますか、それともデバイスで貴金属を使用して取引するのは簡単なプロセスですか? どう思いますか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。