AppleMusicにはすでに60万人のサブスクリプションユーザーがいます

による苦情の中で Spotifyは Appleの根底にあるのは、これらのプラットフォームへの関心です。ストリーミング音楽サービスです。 何十億ものユーザーが利用可能なすべてのプラットフォームで音楽再生を利用していますが、企業にとって重要なのは あなたの機能でユーザーを引き付ける 彼らが彼らを処分するために彼らが支払いたいポイントに達するまで。

ソフトウェアおよびインターネットサービスのバイスプレジデントでiTunesの責任者であるEddyCueは、フランスのメディアでAppleMusicがすでに持っていることを確認しました 60万人の有料加入者。 8か月前の2018年XNUMX月、その数字は 百万円

AppleMusicは急速に成長し続けています

音楽サービスに最も耳を傾ける戦いはますます生々しくなりつつあります。 ただし、データはそれ自体を物語っています。 現時点では、これらのサービスの王様は 100億人以上の有料加入者とSpotify 2003年の発売以来、勢いを増している。一方、昨年56月にXNUMX万人の有料加入者を抱えていたApple Musicもあるが、昨日は AppleのiTunesボス、Eddy Cue:

AppleMusicには60万人の有料加入者がいます。 Beats1はAppleMusicのラジオ局であり、毎日数百万人以上のリスナーがいます。

これらのステートメントはによって共有されました Numerama、エディキューがインタビューしたフランスのメディア。 これらのデータに加えて、彼らは 多様化を追求したiTunesの消滅 内容の。 キューは、iTunesは優れたツールであり、気に入っていると信じていますが、 «AppleMusicはすべての中で絶対に最高です 側面"。  彼はまた、サービスの進化が近年非常に劇的になっているときを振り返っても無駄だとコメントしました。

彼はまたによって尋ねられました Appleエコシステム外の有料加入者ユーザーの数、 つまり、iOS、tvOS、またはmacOSを搭載したデバイスからAppleMusicを使用しません。 エディキューは彼が数を知っていると保証しましたが、«言えない«。 将来的には、これらのデータが明らかになり、分析できるようになることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。