Appleの2016年の組立ラインレポートは労働者の権利に焦点を当てています

アップルのサプライチェーン

Appleは 2016サプライヤー責任レポート。 毎年21年間発行されているこのレポートでは、Apple製品を製造する労働者が、Appleの会社とそのサプライヤーの両方によってどのように扱われているか、およびAppleが環境分野で達成した進歩について説明しています。 後者は、XNUMX日のイベントでも話し合ったものです。 導入されたリアム、リサイクルのために送ったiPhoneを分解するロボット。

2015年に、Appleは サプライチェーンで640件の監査、1.6か国から25万人の労働者をカバーしています。 これら640件の監査のうち、140件が初めて実施されました。 ティム・クックが経営している会社によると、サプライチェーンの労働者の97%が標準の週単位の時間数を満たしています(それはそこにあります...)。週に60時間以下。

2015年には、サプライヤーの労働時間の遵守率は97%に達しました。これは、業界では事実上前例のない数値です。 2008年以来、92万人以上がアップルの教育プログラムに参加し、25.600.000万ドル以上の採用費用が、私たちの努力の結果としてベンダーに雇われた外国人労働者に返済されました。

さらに、Appleはまたそれを言います 3万人の他の労働者に彼らの権利について知らせた そして彼らは彼らのプログラムを通して1.000人以上の学生を卒業したこと サプライヤーは教育と開発者を雇用しますt(SEED)準学士号および学士号。

これらの報告の一部には実証主義が非常に強いため、19月XNUMX日に発行した報告のように、それほど肯定的ではない他の報告を考えることは避けられません。 コバルトを抽出するために働いている子供たち 鉱山から、たとえばiPhoneのバッテリーに使用される材料。 いずれにせよ、Appleのバージョンでは、サプライチェーンに関連するすべてを管理することはできず、そのようなケースを検出した場合、サプライヤは調査のために未成年者に支払いをし、論理的には、この工場または鉱山から彼を削除する必要があります場合。 いずれにせよ、新しい報告書によれば、労働者の97%が公正な仕事をしています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ファン

    こんにちは、写真に写っている女性はどのデバイスを持っていますか?
    ご挨拶😀

    1.    パブロ・アパリシオ

      こんにちはジョンさん。 その写真はiPadProが発表される前から存在していて、噂の対象でした。 MacBookの画面です。

      挨拶。