裁判官は、アップルがウィスコンシン大学に支払わなければならない金額を増やします。 234億506万ドルからXNUMX億XNUMX万ドル

今回のクパチーノの少年たちはすべてがうまくいかなかったようで、ウィスコンシン大学マディソン校との厳しい法廷闘争の後、事件を処理している裁判官が Appleが支払う金額を234億506万ドルからXNUMX億XNUMX万ドルに引き上げた 特許の侵害について。

マディソンのウィリアム・コンリー裁判官は、特許の違反が明らかであると批准するために2015年に責任を負い、アップル社が大学に最初の金額を支払うことを非難しました。 ウィスコンシン同窓会研究財団へn、200億ドル以上の金額ですが、今では判決で確認されただけでなく、さらに数百万ドル増加しました。

Appleは、特許などをめぐって常にこれらの訴訟を起こしていることで知られています。この場合、この場合に言及される特許は、プロセッサ自体の「予測回路」の特許であり、タッチする前に画面上でモーションキャプチャを取得できます。 何があった 画面上でのユーザー自身の動きを予測する スマートフォンのように、したがってより速く、さまざまなタスクでより少ないリソースを消費します。

特許登録によると、これは グリンダ・ソヒによって登録されます、1998年に大学の教授であり、コンリー裁判官は、ウィスコンシン同窓会研究財団の所有権について合意するために再び走っています。 この場合、理由を再度述べることに加えて、2014年に行われた最初の訴訟後の装置が装置でこの特許を使用し続けたため、大学が裁判官への前の判決を再検討したため、彼らが支払わなければならない金額が増加します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。