イタリア当局はiCloud、Googleドライブ、Dropboxを調査しています

正義と 所管官庁 企業がサービスの特定の制限を超えないようにします。 それらの多くは、とりわけプライバシー、独占、不公正な競争の問題に関連しています。 欧州委員会などの国や高等機関が抱える課題は、これらの問題の検出、分析、解決策の提案です。 数時間前、私たちはイタリアの競争市場局(AGCM)が iCloud、Googleドライブ、Dropboxなどのさまざまなストレージクラウドの調査を開始しました。 調査の目的は、からの苦情に対応することです 不公正な商慣行 e 消費者の権利の侵害.

iCloud、Googleドライブ、Dropbox:イタリア当局による調査

競争市場局によって開始されたこれらの調査の主な目的(AGCM)イタリア語はXNUMX倍です。 多くの消費者や企業からの不公正な競争の苦情に答える一方で、ユーザーがサービスに登録して契約を開始するときに署名する契約の現状に虐待条項が存在する可能性。

ヘイ XNUMXつのストレージクラウド 虫眼鏡の下:Apple iCloud、Googleドライブ、Dropbox。 特に、 グーグルとアップル サービスの提示における情報の失敗または不適切な表示について調査されています。 また、ユーザーから提供されたデータの収集や商用利用にも原因があります。 また、これらのサービスが利用者の同意なしに情報を収集・利用する場合がありました。

さらに、 研究 利用規約を網羅 各サービスの。 混乱や明確さの欠如は、イタリア当局がその柱を攻撃することを決定する鍵となる可能性があります。 これらは、調査対象のサービスの契約条件の主な矛盾点です。

  • 企業はいつでもサービスを一時停止する権利があります。
  • クラウドサービスは、データ損失のせいにすることはできません。
  • 会社はいつでも利用規約を変更する権利を留保します。
  • 企業は、ユーザーが英語で契約に署名していなくても、英語での契約、契約条件が他の言語よりも優先されることを保証します。

最終的に、このイタリアの調査がどのように終了するかがわかります。これは、他の地域に広がり、さらには欧州連合の貿易分析のより高い領域に到達する可能性があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。