インドに開発センターを開設するAppleの計画が確認された

ハイデラバード-インド-tishman-speyer-waverock

過去数週間、Appleはインドでの動きを強め、インド当局がXNUMX億人以上の住民にサービスを提供するためにAppleStoreの構築を開始できるように必要な手続きを可能な限りスピードアップしようとしています。 。 アップルが国に関心を持っていることの証拠として、数週間前にアップルは当局と会い、 ハイデラバードのインドのシリコンバレー内で研究を開始する予定、世界で最も重要なテクノロジー企業が定住している新しい分野。

最後に Appleは公式に確認した The Economic Timesによるこの情報:

私たちはインドでの事業拡大に投資してきましたが、情熱的なクライアントと素晴らしい開発者コミュニティがインドにいることを嬉しく思います。

このプロジェクトはクパチーノの少年たちに費用がかかります 25.000百万ドル、建設中に4.500人を雇用し、約70.000平方メートルのサイズになります。 工事が完了すると、研究開発センターは約150人を雇用し、当面は同社の地図作成チームの作業を担当します。 将来的には、マップに加えて、ソフトウェアに関連するいくつかのプロジェクトで作業することも除外されていません。

Appleはできるようになるつもりです 年末までに工事を開始し、 新しいキャンパス2の作業が終了し、クパチーノの作業が新しい施設に移動し始めるのと同時に。 数日前に紹介したキャンパス2の作品の様子を動画でご覧いただけたように、作品の構成の違いによるトラブルや遅れはあるものの、急速に進んでいますが、それらは最終的に解決され、すべてが計画どおりに進んでいます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。