サムスンディスプレイがiPhone120用の13HzOLEDパネルを製造

13年2021月のiPhoneXNUMX

次のiPhoneモデル用の120Hzの有機ELパネルの登場は、SamsungDisplay専用です。 韓国の会社 トータルマニュファクチャリングで行われたようです TheElecによってリークされたいくつかの報告によると。 論理的には、このニュースはまだ正式に確認されておらず、LGや他の企業と製造を共有するかどうかは実際にはわかりませんが、すべてがそうではないことを示しています。

現時点では、LTPOOLEDと呼ばれるこのタイプの画面を備えたiPhone13は SamsungDisplayが独占的に提供しています。

ウェブサイトで iClarified 彼らは、次のiPhone 13 Proのほとんどのトップチーム、つまりMaxにのみ有効であると思われるこのニュースをエコーし​​ます。 今年発売されたiPadProモデルと同様に、クパチーノ社は12,9インチモデルにミニLEDパネルを追加するだけなので、これらでも同様のことが起こります。 iPhone 120Proのトップモデル用の13HzリフレッシュレートのOLEDディスプレイ.

このウェブサイトで読むことができるように、サムスンディスプレイは今年iPhone用に110億50万のOLEDパネルをアップルに供給しますが、LGディスプレイは約9万のスクリーンを取り、BOEは最終的に約XNUMX万を製造します。 サムスンが昨年RFPCB製造事業を放棄することを検討したのは、それがいかに不採算であったかということでしたが、 ハイエンドのiPhone13Proモデルのおかげで このタイプのパネルは引き続き製造されます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。