AppleIDを盗むジェイルブレイクされたデバイスでウイルスが発見されました

ウイルス

Appleは常に自慢してきました iPad、iPhone、iPodTouhで使用されているiOSシステムのセキュリティ デバイスが「ジェイルブレイク」されていない限り。 Appleは、市場にリリースするiOSのすべてのバージョンでこの側面を非常に制限しているため、デバイスをジェイルブレイクすることは、他の方法では取得できないカスタマイズを取得するためにセキュリティを失うことと同義です。

Cydiaストアには、デバイスに多数の調整を加えることができる無数のリポジトリがあります。 Cydia、疑わしい評判のレポを追加したいとき コンテンツが完全に「正しくない」ことを通知するメッセージによって通知されます。 そのため、デバイスにインストールするすべてのものをよく理解し、何よりもデバイスの出所を知ることが不可欠です。

今日、新しいマルウェア/ウイルスが(あなたがそれをよりよく理解しているように)明らかになりました。 デバイスにジェイルブレイクがある場合は、デバイス内にインストールされます。 その目的は、このマルウェア/ウイルスの作成者に渡すことにより、パスワードとともにAppleIDを盗むことです。 幸い、感染を検出するためのプログラムは必要ないため、感染しているかどうかを知ることは非常に簡単です。 以下では、感染しているかどうかを知る方法と、感染している場合に問題を解決する方法について説明します。

私たちが感染しているかどうか調べてください

感染したかどうかを知るには、次のようなファイルエクスプローラーが必要です。 IFILE (Cydiaストアで入手可能)そしてパスにアクセスします "/ライブラリ/ MobileSubstrate / DynamicLibraries /", 次のファイルが見つかった場合に確認する必要がある場所:

  • Unflod.dylib
  • Unflod.plist
  • Framework.dylib
  • フレームワーク.plist

そうでなければ、私たちは落ち着くことができます。 それどころか、私たちがそれらを見つけた場合、悪い兆候、 私たちが感染していることを意味します。 以下に、どのように進めるべきかを示します。

デバイスからマルウェア/ウイルスを削除する方法

最も安全なステップ デバイスを最初から復元することです、脱獄を失ったにもかかわらず、iTunesに保存したバックアップを使用せずに。 しかしもちろん、私たちはクレジットカード情報が置かれているAppleアカウントについて話している。 一部のWebページでは、これらのファイルを削除するだけで十分であると示されていますが、誰が保証しますか? 誰も。 もちろん、Appleに責任を求めることはできません。 また、AppleIDに関連付けた現在のパスワードを変更する必要があります。

このウイルスは中国で作成されたものであり、以前に通知したとおり、デバイスに到達します。 信頼性が疑わしいリポジトリのインストールまたはアプリケーションのクラックによる マルウェアが追加される。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。