ジャパンディスプレイが2018年からOLEDスクリーンの生産を確認

ジャパンディスプレイiPhone

ジャパンディスプレイは、有機ELディスプレイの量産を開始すると発表した。 (OLED)2018年、Appleが将来のiPhoneにこれらのディスプレイを採用する可能性があるとの憶測の中で、韓国のライバルに追いつくことを目指しています。

日本ディスプレイ すでにAppleのスマートフォンにLCD画面を供給していますしかし、韓国のアジアのライバルであるSharpやLG Display CoLtdとの激しい競争に直面しています。

ジャパンディスプレイの研究センター長である滝本明夫氏は金曜日に記者団に対し、「OLEDディスプレイの開発には、高度な薄膜トランジスタ技術を活用する予定だ」と語った。

この発表は、ジャパンディスプレイの最大の国営株主ファンドである産業革新機構(INCJ)が シャープに投資し、そのディスプレイユニットをジャパンディスプレイと統合する、いくつかの情報源によると。

報道によると Appleは将来のiPhoneにOLED技術を採用する可能性があります 2018年には、LGDisplayとSamsungElectronics CoLtd。の意思決定パネルユニットがベンダー候補と見なされる可能性があります。 メーカーは、12.8年2018月にリリースされるiPhoneでのOLEDディスプレイの生産に備えてXNUMX億ドルを費やす予定です。

スクリーン OLEDはバックライトを必要としないため、薄くしたり湾曲させたりすることができます、しかし、その製造コストは今のところ従来の液晶ディスプレイパネルよりも高いです。

ジャパンディスプレイは、2012年にソニー株式会社、東芝株式会社、日立製作所の鎌型ディスプレイユニットから政府支援の契約を結んだ。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。