Sonos Beam、AlexaとAirPlay2を搭載したサウンドバー

Sonosは、ここiPhoneNewsで何度も分析したHi-Fi仕様のデザインスピーカー会社です。 同社は、AlexaとAirPlay2を統合したこの新しいサウンドバーがSonosBeamであるなどのニュースを引き続き発表しています。 HomePodと直接競合する最新のオーディオ製品。

多くの理由があります SONOS これは一般的にAppleユーザーの間で共通の署名であり、その構造の品質、およびその機能と互換性により、魅力的なブランドになっています。

スペインで449ユーロから始まるこのサウンドバーと呼ばれるビームは、常にソノスデザインのミニマリズムが維持されてアイデンティティスタンプを永続させるため、黒と白のXNUMX色で直接到着します。それらをとても好きになる傾向があります。 アイデアはサウンドバー以上のものを持つことであり、それはストリーミングコンテンツのためのAppleの新しい標準であるAirPlay2を含むということです。 同時に、スペインで発売されようとしているAmazonの仮想アシスタントであるAlexaとの互換性が約束されており、最初のテストはすでに確認されています。 現実には、より少ない価格でより多くを求めることはできず、価格はAppleのHomePodと直接競合します。

このサウンドバーが重要なので、すべての好みのために 光出力を伴うHDMI接続付き 別の接続を好む人のために。 言うまでもなく、これはすべてのブランドのデバイスと同様にMultiRoomであり、システムに統合された独自のアプリケーションや、Spotifyやその他のオンライン音楽プロバイダーに直接アクセスできます。 この製品は、安くはありませんが、最も完成度の高いもののXNUMXつであり、Sonosの品質には疑いの余地がありません。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ケコ

    仕様?? 力?? 価格以上のことを知っているのはかなり良いことだと私は言います。

    ‍♂️