NokiaがWithingsを170億XNUMX万ユーロで購入

NokiaとWithings

たった今、 ノキア それはそれが何であったかの影でさえありません。 約2016年前、フィンランドの会社が電話市場を支配していましたが、iOSとその後のAndroidが登場したとき、彼らは自分たちを更新する方法を知りませんでした。 当時、彼らはモバイル部門をマイクロソフトに売却しなければなりませんでしたが、現在サティアナデラが経営している会社ではそれほどうまくいっていません。また、XNUMX年まで電話を発売できませんでした。

彼らが電話を発売するのを妨げた締め切りの後、ノキアは失われた土地の一部を取り戻したいと思っているようで、今日それを発表しました Withingsを購入します、スマートスケール、身体活動を追跡するデバイス、およびその他の種類の健康関連デバイスを作成する会社。 Withingsはフランスの会社であり、ノキアはそれを購入するために170億XNUMX万ユーロを支払う必要があります。予期しない出来事がなければ、今年のXNUMX月からXNUMX月の間に署名されるという合意です。

夏の後にノキアに参加するWithings

間違いなく、この買収は、フィンランドの会社が正面玄関を通って、決して放棄してはならない市場に戻りたいということを意味します。 よく学んだ教訓で、私たちは皆、新しいノキアのデバイスとその新しい電話が Androidオペレーティングシステム、過去に彼らが拒否したことで、「Androidを使うことはズボンを怒らせるようなものだ」とフィンランドの感覚で言った。短期的には良い(暑い)が、長期的には悪い(アイスクリーム)。

一方、買収は、ノキアが検討していることを意味する場合もあります モノのインターネット、英語の頭字語のIOT。 モノのインターネットは私たち全員が聞いたことがあるものですが、冷蔵庫や洗濯機をインターネットに接続してリモートで使用できる場所はまだほとんどありません。 フィンランドの会社が何を計画しているかはわかりますが、競争は常に良好です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。