Mark Gurman:2017年のiPhoneにはホームボタンがなく、FeliCa支払い用のチップが含まれます

iPhone7のコンセプト マーク・ガーマン は将来のアップル製品に関する情報を公開するために戻ってきたので、その製品に関する信頼できるデータはすでにあると言えます。 それは iPhone 2017、iPhone 8またはiPhoneXNUMX周年として知られ、次のアップルスマートフォンが到着する重要なデザイン変更について話しました。今年到着するはずの変更ですが、数週間以内には見られないようです。 。

デザインに関して、ガーマンは満たされないかもしれない多くの詳細を与えていません。 彼のいつものように、彼は引用符で「保険」を乗り越えており、これらの変更のうちのXNUMXつについてのみ話しました。 ディスプレイとホームボタン。 彼は画面について特別なことは何も言いませんでしたが、2017年のiPhoneの変更は次のような変更を受けると述べました«ホームボタンを削除することで、画面に焦点を合わせます»そして、主題に近い情報源を引用しました。

MarkGurmanが2017年のiPhoneの主要なデザイン変更を確認

iPhone8のコンセプト

私たちがその若い編集者を考慮に入れるならば ブルームバーグ 同じ文で画面を統合し、ホームボタンを削除すると、新しいiPhoneのサイズは同じであるが画面が大きいか、単に現在のモデルと同じサイズであると想像できますが、 余白を削除します 一部のユーザーはとても嫌いです。

他の噂では、XNUMX周年記念のiPhoneはOLEDスクリーン、または少なくとも範囲内で最も高いモデルを使用すると主張しています。 これを使用しているiPhone OLEDディスプレイ 彼らはまた、そのデザインに別の変化を見るでしょう:サムスンのEDGEモデルのそれに似ていると言われるエッジの周りに湾曲したスクリーン。 後者は、クパチーノがどこからアイデアを借りたのかが明白すぎるため、私を驚かせるでしょう。私は、いくつかの重要な違いがあると思う傾向があります。

2017 iPhoneには、FeliCaで支払いを行うためのTap-to-Payチップが含まれます

FeliCa決済システム

しかし、ガーマンにとっての主なニュースは、来年のiPhoneには、と呼ばれる技術を利用する新しいチップが含まれるということです。 フェリカ。 ソニーが開発したこの技術は、日本で公共交通機関の支払いを迅速に行うために使用されているTap-to-Pay標準です。

FeliCaチップはユーザーを許可します バスや電車のバウチャーをiPhoneに保存する。 チェックアウト時に、ユーザーは物理的なカードを使用する代わりに、自分の電話をスキャナーに入れることができます。 FeliCaチップが標準ですが、日本で使用する交通機関の種類やゾーンによっては、トランジットペイメントカードのプロバイダーがいくつかあります。

テクノロジー フィールド通信近く (NFC)はヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアで多く使用されていますが、日本ではあまり使用されておらず、互換性のある端末が1.9万台あり、年間約46.000百万ドルを費やしているFeliCaテクノロジーに依存しています。 比較すると、米国には1.3万台のNFC端末しかありません。

FeliCaの支払いは今年到着する可能性があります

当初、AppleはFeliCaテクノロジーと互換性のあるiPhoneが到着することを計画しています 今年、しかし、彼らは来年待たなければならない可能性が高いようです。 その理由は、Apple Payがまだ多くの国に届いていないのと同じ理由であり、日本の決済システムとの交渉はまだ実現していません。 この情報に基づいて、iPhone 7にFeliCaチップが付属していることを否定することはできませんが、Appleとモバイル決済システムの間の契約が締結されるまで使用できません。

いずれにせよ、私たちはXNUMX年以上で発売されるiPhoneと、少なくともXNUMX週間で発表される新しいチップについて話している。 マーク・ガーマンが彼の予測にもうXNUMXつの成功を追加するかどうかを確認するのを待つ必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。