マイクロソフトはまた、ユーザーのプライバシーを支持してアップルに参加します

ワシントン州レドモンド-17月17日:ワシントン州レドモンドにあるマイクロソフト本社キャンパスの建物が2014年17月18,000日に撮影されました。 MicrosoftのCEOであるSatyaNadellaは、XNUMX月XNUMX日、MicrosoftがXNUMX人の雇用を削減すると発表しました。これは、同社の歴史上最大の一時解雇です。 (スティーブンブラッシャー/ゲッティイメージズ)

FBIに反対し、ユーザーのプライバシーを支持する十字軍の中で、Appleは新しい同盟国を持っています。 マイクロソフト。 このように、クパチーノ社は、GoogleのCEOであるサンダーピチャイがすでにツイッターでティムクックが署名した公開書簡への支持を表明していたため、世界で最も重要なテクノロジー企業のいくつかの支持を得ています。 WhatsAppの創設者であるJanKoumは、クパチーノ社のCEOをサポートしたインターネットサービスの重要人物のXNUMX人です。

いずれにせよ、Microsoftのサポートは、そうでない場合でも、取締役のXNUMX人からの声明の形では提供されません。 声明を支持する マイクロソフトが創設メンバーであるRGS(改革政府監視)の。 一方、彼らはAppleについても具体的に言及していませんが、TimCookの手紙が改革政府監視声明の理由であったことは誰もが理解しています。

改革政府監視会社は、テロリストや犯罪者を阻止し、私たちを安全に保つために情報の法的要求を処理することによって法執行を支援することが非常に重要であると信じています。 しかし、テクノロジー企業は、ユーザー情報を安全に保つテクノロジーへの裏口を作る必要はありません。 RGS企業は、顧客とその情報のセキュリティを保護しながら、必要な支援を法執行機関に提供することに引き続き取り組んでいます。

RGSグループは、AOL、Dropbox、Evernote、Facebook、Google、Apple、LinkedIn、Twitter、Yahooなどの企業で構成されています。 確かに、マイクロソフトはアップルも存在する企業グループからの声明に署名しただけですが、マイクロソフトのCLOであるブラッドスミスはTwitterとマイクロソフトのCEOで声明を共有しました サトヤ・ナデラ、彼はそれをリツイートしました。 少ないことは何もない。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   アンドレス

    アップルCEOノノ、マイクロソフト。 = O

    1.    パブロ・アパリシオ

      こんにちはアンドレス。 修正しました。 警告をありがとう。

      挨拶。