日本、スイス、台湾のユーザーは、電話代でiTunesの購入代金を支払うことができるようになりました

iTunesの

誰かがAppleアカウントを作成するたびに、要件のXNUMXつは、クレジットカードの番号を追加して、購入時に自動的に請求されるようにすることです。 しかし、一部の国では、ますます、 AppleはiTunesでの購入方法を変えています。 Appleには、電話事業者が、ユーザーがデバイスを介して行った購入のすべてについて顧客に請求する責任を負うオプションがあります。 スイス、台湾、日本との購入に対してこの新しい支払い方法をすでに持っている最後の国。しかし、それだけではありません。 Appleはさまざまなロシアおよびドイツのオペレーターと交渉中です これらの国のユーザーにこの機能をすぐに提供する予定です。 この機能は現在、台湾、スイス、日本を含むXNUMXか国で利用できます。 このオプションを使用すると、ユーザーはiTunesで購入したすべての料金を支払うだけでなく、AppleMusicの月額サブスクリプションサービスの料金も支払うことができます。 このようにして、音楽、本、テレビシリーズ、アプリケーション、本など、私たちが行う購入はすべて、月末まで、またはオペレーターが銀行から請求書を提示するまで、支払いを遅らせることができます。

これは、クレジットカードを要求している会社に関係なく、すべてのユーザーにとって理想的なオプションです。 彼らはまったく信用せず、生涯として支払いをすることを好みます、 銀行の経常収支を通じて、そしてそれが電話代と一緒であれば、なおさらです。 現時点では、スペインや他の中南米諸国にこれらのサービスをユーザーに提供することに関心のある事業者がいるかどうかはわかりません。これらの国ではAppleの割り当てが少ないため、これを享受できる可能性は低いためです。オプション。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   iOS

    私は2008年に同じことを望んでいました今日x今日は私にiwalを与えます