DNIなどの個人文書のAppleWalletへの保存は2022年まで延期されます

昨年XNUMX月に今年のWWDCで発表された機能のXNUMXつは、スキャンした個人文書をAppleWalletアプリケーションに保存できるようにすることでした。 DNIなどをウォレットに保存できるようにするため これは、ApplePayの副社長であるJenniferBaileyが発表したこの新機能で実現できる選択肢のXNUMXつでした。

この意味で、私たちの多くは、プレゼンテーションの時点で、これはドキュメントを携帯する必要がないので素晴らしいと思いましたが、 それを実行できるかどうかは公的機関に依存します すべての国で。 さて、人気のあるメディアによると、Appleは2021年中にこのオプションを開始しないようです 9To5Mac.

ウォレットの電子身分証明書の実装には時間がかかります

Appleがこの機能をWalletに追加すると、ユーザーは自分のIDをスキャンしてアプリに保存できるようになります。 これは私たちの多くにとって本当に良いことのように思えますが、クパチーノの会社自体が今日それを立ち上げたとしても、各国の公的機関によって検証されなければならないため、実装には時間がかかります。 これは、実装に少し時間がかかる場合があります。

この場合 リリース日の変更はAppleのWebサイトで直接読んでいます、iOS 15の機能の概要が表示されているサイトにあります。この変更後、機能が「2022年初頭」に正式にリリースされることが示されています。 これらの場合によくあることですが、Appleは日付について特定の情報を提供していませんが、来年中にアップデートでリリースされる予定です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。