価格操作で告発されたASUS

本日発表されたいくつかの独占禁止法調査のXNUMXつで、欧州委員会は、ASUS、デノン、マランツ、フィリップス、パイオニアなどのテクノロジーブランドがデータの疑わしい操作で告発される可能性があることを直接明確に示す証拠を発表し始めました。 。

プレスリリースが進むにつれ、欧州委員会は、ヨーロッパのオンライン小売業者が家電製品、ラップトップ、ハイファイ機器などのこれらのブランドの製品に独自の価格を設定する自由を妨げることにより、企業が競争ルールに違反した可能性があると述べています。 。 多くの小売業者は、競合他社が提供しているものに基づいて製品の価格を自動的に変更するソフトウェアを使用しているため、これらの企業は、より広い規模で値札に影響を与える可能性があると非難されています。

欧州委員会はまた、現時点で調査に関するこれ以上の情報を共有しないことを決定しました。 しかし、少なくともフィリップスのような大企業にとって、それは予期せぬ出来事ではありませんでした。 ある会社のスポークスパーソンは、申し立てられた価格制限の予備調査により、申し立てられた不正の期間は2013年に始まり、「欧州委員会に全面的に協力して以来、特により正式な調査となったため、オープンのままである」と述べました。 。 独占禁止法の調査を支援するために、レポートに記載されている他のすべての企業に連絡しました。回答があり次第、詳細をお知らせします。

さらに、ASUSは台湾証券取引所と同様に、「調査において当局と積極的に協力しており、進行中の問題についてコメントすることはできません」という短い声明を発表しました。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。