噂では、超音波指紋センサーを搭載したiPhone5Gが指摘されています

映画のこの時点で、iPhone2020についての噂が勢いを増し始めています。 Appleが11月に発表する2019つのモデルがあり、XNUMX年のiPhone XNUMXで起こったように、それらは「ハイエンド」と「ミッドレンジ」に分けられると確信しています。ただし、一部の情報源長い間消えていた噂を再び宣伝し始めました。 これらのソースは、 iPhone 5G 2020には、画面の下に超音波指紋センサーが搭載されます。 しかし、このうわさを地面に投げかける他の多くの情報源があり、それはおそらく今年ではなく、2021年であると彼らは確信しています。

2020年または2021年に超音波指紋センサーが表示されますか?

Appleデバイスのセキュリティ方法は時間とともに進化してきました。 Appleは2017年にiPhoneXの発売とともにFaceIDを発売しました。それ以降、すべてのiPhone(SEを除く)でこのロック解除方法が採用されています。 Touch IDのジャンプもMacに対して行われたが、それはiPadに最後の世代の発売を残した。 したがって、Appleは、多くのデバイスでロック解除方法としてTouchIDテクノロジーを存続させています。

いくつかの 噴水 中国の新聞EconomicDaily Newsは、 GISおよびQualcommタッチパネルメーカー 彼らは、ハイエンドのiPhone2020のXNUMXつで組み立てられる超音波技術を生み出しています。 つまり、このテクノロジーの結果により、Appleは次のことが可能になります。 画面の下に超音波ベースの指紋センサーを導入します。 これにより、TouchIDとFaceIDのXNUMXつのセキュリティ方法を同じデバイス上で共存させることができます。

EDNは、昨年の2019 iPhoneですでにこのテクノロジーを指摘していましたが、ブルームバーグやMing-Chi Kuoなど、その仮説を打ち破った人はたくさんいました。 これら 噂学者 それを保証する このテクノロジーに取り組んでいるが、2020年には表示されない場合のアプリ。 一方、他の情報源は、この超音波指紋センサーが それはiPhoneよりもiPadの前に来るでしょう。

このセンサーの技術は不明ですが、過去の情報を収集することはできます。 センサーは、波がセンサー自体から指紋に送信される超音波システムに基づいています。 情報は跳ね返り、マッピングされたフットプリントに基づいて電圧マップが生成されます。 距離を節約して、テクノロジーをFaceIDと比較することができます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。