未来のiPhoneは手話を読めるようになるかもしれない

ライセンス 少し前に、GoogleはQuest Visualという会社を買収しました。この会社は、カメラを備えたすべてのデバイスがテキストをリアルタイムで翻訳できるようにするテクノロジーを開発しました。 Appleは現在、同様のものを持っていないか、発売する予定はありませんが、最新のものを発売する場合 ライセンス、古いWordLensアプリケーションのテクノロジーは私たちにはばかげているように見えます。 そして、将来的には、iPhoneが 手話.

«のタイトルで深度シーケンスを使用したXNUMX次元ハンドトラッキング"、 最後 ライセンス クパチーノから知られているのは、デバイスができるシステムについて説明しています 手の位置を見つけて追跡する OSXとiOSで利用可能なPhotoBoothアプリを使用した顔の追跡に似た、リアルタイムのXNUMX次元空間を介して。

特許に記載されている技術が私たちに提供する多くの可能性のXNUMXつは、手話​​を読む能力です。これにより、Appleがアプリケーションに辞書を含め、私たちの対話者はその言語を知っています。

一方で、それはまた私たちを可能にするでしょう デバイスのインターフェースを制御する iOS、Mac、Apple TV(カメラが含まれている場合)、またはジェスチャー付きで画面に触れる必要のないAppleWatch。 これは、ジェスチャーでiTunesやその他のアプリケーションの音量を上げたり下げたり、音量を上げたり下げたりできるFlutterアプリケーションを少し思い出させますが、当時、アプリケーション(現在はGoogleが所有)は非常に無駄でした。

私たちがいつも言っているように、会社が何かに特許を取得したということは、将来、そのデバイスのXNUMXつにそれが表示されることを意味するわけではありませんが、Appleがバーチャルリアリティ(VR)市場に参入する計画を 拡張現実 (AR)、将来のデバイスのXNUMXつが、音声に問題のある人とのコミュニケーションに役立つとしても、驚かないでください。 時間だけがすべての答えを持っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ペペ

    言語または言語???? ayay…。

    1.    パブロ・アパリシオ

      こんにちはペペ。 この場合、それらは同義です。 スペイン語レグア、フランス語..。

      挨拶。