Apple Campus2の建設状況

 

キャンパス-2-アップル-2016年XNUMX月

Appleが年間を通じて提供している収益会議のXNUMXつで、TimCookはこれを報告しました アップルのクパチーノ施設で開催されるのはこれが最後になるでしょう。 次回は、キャンパス2またはスペースシップと呼ばれる新しいアップルの施設で開催され、アップルの本社になります。 現時点では、現在の施設が引き続きAppleのための場所を持っているのか、それとも最終的にそれらを取り除くのかはわかりません。 毎月、ドローンの視点から作品の進化をお知らせしているので、複合施設全体のある月から別の月への進化を見ることができます。 本日は、本日の作品の状況を紹介するXNUMX本の新しい動画をお見せします。

それらの最初のものでは、 Duncan Shielfedによる投稿、冒頭のJonyIveによる声、スティーブジョブズの死のXNUMX周年について話します。 ドローンビューからのこのビデオでは、講堂、ジム、噴水、遊歩道エリア、駐車場、カフェテリア、アクセスを提供するトンネルなど、新しいアップルの施設で見つけることができるさまざまな要素を見ることができますキャンパス…。 そしてそれで私たちは彼らの次元のアイデアを得ることができます。 このビデオは夕暮れが始まったときに記録されます

このビデオでは、 すべてのビデオの作者であるMatthewRobertsによる 工事開始以来、実際にご紹介してきましたが、施設の進捗状況、特にキャンパス全体を囲む円形の建物や、供給予定のソーラーパネルの40%が設置されている様子をご覧いただけます。完成したもの、R&Dセンターが実質的に完成した、新製品のプレゼンテーションが行われる新しい講堂、11.000台以上の車両用の駐車場...


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。