Appleは、競争を「一掃」できるバージョンのSiriに取り組んでいます。

Siriが上がる

Appleが2011年にSiriを発表したとき、それはとても良かった。 ユーザーとして、iPhoneに予定のスケジュール、アラーム、インターネット検索などの操作を依頼することもできますが、2016年にはそれだけでは不十分です。今、一歩前進しているのは競争です。 シリ 少し行き詰まっていますが、良いニュースは、Appleがこれを完全に認識しており、メジャーアップデートをリリースする準備をしていることです。 可能性 WWDC2016でXNUMX週間以内に光を見てください。

昨年、Appleは英国の会社VocalIQを買収し、多くの情報筋によると、Tim Cookとその会社は、彼らの技術が非常に印象的であるため、スマートフォンアプリケーションや他の会社が先行して発売されるのを避けるために買収したいと考えていました。 これらの情報源は、Appleの新しい仮想アシスタントも示唆しています はるかに堅牢で有能になります CortanaやGoogleアシスタントのような今日存在するすべての仮想アシスタントよりも。

Siriは今年彼女の王冠を取り戻すことができた

新しいバージョンのSiriを優れた仮想アシスタントにするもののXNUMXつは、 ボーカルIQ 人間が話すのと同じように、自然な口語言語技術を使用して、その製品と競合製品をテストしました。 数では、VocalIQ製品は達成しました 90%の成功率の理解 彼らが«のような質問で彼に尋ねていたことWi-Fiを提供し、駐車場のない地元のイタリアンレストランを探してください«。 一方、Siri、Googleアシスタント、Alexa、Cortanaの現在のバージョンなどの競合他社は、20%の確率でしか有効な結果を理解して提供できませんでした。

私がこのデータを書いているとき、私はこれが今年光を見るだろうという合理的な疑いを持っているほど重要な質的飛躍のように思えます。 しかし、多くの噂では、Appleが スマートスピーカー 今年の夏とこのバージョンのSiriは非常に重要なセールスポイントになるので、何でも可能です。 噂が真実であり、13月XNUMX日に新しいバージョンのSiriが登場することを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

4コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ラファエルpszos

    Siriをオフラインにしたいと思います...(データがなくなると地獄のようになります... ..)それはやっかいなことであり、iPhone6やiPhoneSEなどのデバイスにはoyesiriオプションがあります...電流のないoyesiri、あなたはそれを置くかどうかを選択することができます)

    これらのXNUMXつのことはやっかいです!!

    1.    マウロ

      ラファエルに完全に同意します。 特にオフライン容量の改善に関しては

  2.   サース

    彼らがオフラインバージョンを立ち上げた場合、それは非常に基本的なはずであり、それは確かにストレージとCPUリソースの両方を大量に消費するでしょう...本当に便利ではありません。

    1.    ラファエルpszos

      オンライン版とオフライン版のようにリソースとCPUを消費する必要はありません(ほとんど言うことができないのでそれほど重くはありませんが、そのように呼び出す、これを行う、アラームを設定する、ジョークなど)オフラインモードでは100メガバイトの重さがありましたが、その容量を失ってもかまいません。

      それはオフラインのグーグル翻訳者と同じです、あなたはあなたが望む言語パックをダウンロードしてエールを送ります、あなたはすでにあなたの夫、例えばあなたの夫、オフライン環境の英語を持っていてコピーします!

      もしAppleが基本的なオフラインモードを起動するなら、それはクールだろう、電話の仕方、アラームの設定、メッセージ、通知、私はすでにそれに満足している!

      ご挨拶!