新しい3Dカメラ「World-Facing」は、少なくともiPhoneで今年登場します

世界に面した

新しい3Dカメラが次のiPhoneで明るみに出るようです。 リアカメラで3D画像を撮るためのレーザースクリーニングがあります。 ルーク・スカイウォーカーのように、これらのレーザーを携帯電話に搭載することを恐れてはなりません。

AppleがiPhoneXにFaceIDを導入して以来、顔でモバイルのロックを解除するたびに、非常によく似たレーザーパターンがXNUMX日に数回顔をスキャンします。 そして、私たちは盲目になっていないので、恐れることは何もありません。

昨日発表されたレポート ファースト·カンパニー AppleがSanJoséに拠点を置くLumentumを利用して、3D深度センサー「World-Facing」に電力を供給するVCSELレーザーを供給していることを確認します 今年リリースされる新しいiPhoneの少なくともXNUMXつで。

VCSELは、2017年のiPhone X以降、TrueDepthフロントカメラの主要コンポーネントとなっています。VCSELのおかげで、Face ID、Animojis、selfiesなどの機能をポートレートモードで使用できます。 この技術をリアカメラに組み込むことは、3D写真の飛躍的な進歩となるでしょう。

公開されたレポートによると、LumentumはリアカメラVCSELの独占サプライヤーになる準備ができているようです。 噂によると、このテクノロジーは今年発表されるXNUMX台のハイエンドiPhoneでのみ利用可能であり、残りの電話にはカメラを装備する可能性がありません。

これらの同じ噂は、これらのより高価なモデルが、現在のiPhone 6,7 Proと同様に、OLEDスクリーンとトリプルレンズカメラを備えた6,1インチのiPhoneと11インチのiPhoneになることを示しています。 今週の噂によると、Appleはコードネーム「Gobi」でiOS14用の拡張現実アプリを開発しているという。 このアプリケーションは、ユーザーが自分の周りの世界についてのより多くの情報を取得できるようにします。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。