書かれたiTunesコンテンツのオーディオ版をリリースするApple

iTunesの

最新のリークによると、AppleはiTunesの書かれたコンテンツのオーディオ版の発売を準備しているようです。 同社はクパチーノから彼らが呼ぶものを準備しています 「SpokenEditions」、出版社によって書かれたコンテンツの小さなオーディオクリップ、特に視覚障害のある人によるこのタイプのコンテンツの消費を支持すると考えられています。 Appleは間違いなくソフトウェアのアクセシビリティに関して最前線に立っており、障害を持つ人々が製品を使いやすくするために絶えず取り組んでいることを知ってうれしく思います。

ただし、Appleはこの作業を単独で行っているわけではありません。 SpokenLayer社と協力して機能します、無数の異なる素材のストリーミングオーディオとポッドキャストを専門としています。 SpokenLayerは、Forbes、Hiffington Post、TIME、Reutersなどのコンテンツクリエーターと連携します...しかし、これだけではありません。このタイプのコンテンツの収益化に関して、Spoken Editionには広告が含まれますが、それ以外の場合はどうでしょうか。そのオーディオバージョン(広告バナーを配置するのは意味がありません)。 これらの発表の財務結果は、出版社とSpokenLayer会社の間で共有されます。

現在AppleにあるSpokenEditionsに最も近いのはSiriです、はっきりと尋ねる限り、どのような内容でわざわざ読んでくれるのか。 ただし、このような能力の異なるユーザーができるだけ簡単にこのコンテンツにアクセスできるようにするために、この分野を専門とする会社に行くことをお勧めします。 もう一度、言語の壁を見つけようとしているように見えますが、出版物が単一言語としての英語で停滞したままにならないことを願っています。 つまり、SpokenEditionsのリリースはXNUMX月の最初の週に予定されています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。