コントロールセンターからiPhoneをブロックするバグを検出しました

確かに、iPhoneオペレーティングシステムに長い間バグがなかったのは事実です。昨年XNUMX月から写真にアクセスできたのを覚えていると思いますが、数時間前です。 iOS10オペレーティングシステムで新しいバグが検出されました。 この場合、それがデバイスのセキュリティ問題を引き起こしたり、個人データにアクセスしたり、iPhoneにあるものを危険にさらしたりしないことは事実です。ある人はそれに気づきました。しかし何よりもApple。

オペレーティングシステムのリリース前に以前に持っていたベータバージョンの量を考えると、これらのバグが回避されるのは奇妙に思えます。この場合、iOSは依然として同じくらい安全です。 ただし、ワンタッチでデバイスを完全にロックできます。

バグはiOS10の最初のバージョンから拡張されます、この場合、iOS 10.2以降では、現在のバージョン10.3.1に到達するまで失敗することがわかっています。 そして誰でもこのiPhoneロックを簡単に実行できます iPhoneコントロールセンターからのアクセス。 知人や友人にロック画面からコントロールセンターにアクセスできないことを常にお勧めする理由のXNUMXつは、デバイスを紛失した場合に機内モードをアクティブにできず、「iPhoneを探す」を使用できるようにするためです。それを見つけますが、ロック画面からアクセスできるこのバグが追加されました...

すでに述べたように、バグは悪くありません。iPhoneが自動的に再起動するまでデバイスをロックしたままにしてください、しかし誰よりもロック画面からCCにアクセスできます。 問題を再現するには、次の手順に従う必要があります。

  1. コントロールセンターを開く
  2. AirdropとCameraを同時に押します(XNUMX本の指で)
  3. iPhoneは自動的に再起動するまでフリーズします

最初の試行ではクラッシュしない可能性がありますが、同時に押すことを主張すると、クラッシュします。 これは、オペレーティングシステムの詳細がリークする可能性があり、完全なOSがないことを示しています。 いずれにせよ、このバグで「冗談」を言うことはできますが、やりすぎることはありません。 バグはすでに報告されており、iOSの次のバージョンで確実にバグが解決されます.


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

4コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   Feli

    iOS 10.3.2の最新ベータ版では、それができないために解決されたようです。

    1.    ジョルディ・ギメネス

      こんにちはフェリ、両方を同時にXNUMX、XNUMX回押すと出てきます。

      あなたはすでに私たちに言います

  2.   イスマエル・プリマルソル

    iOS 10.3.1では、可​​能であれば

  3.   キーナーアファナドール

    iOS10.3.2では修正されました。 少なくとも最新のベータ版を搭載した私のiPhone6sでは、それは出てこない。 ご挨拶。