楽天がSpotifyfor European Unionに参加し、AppStoreの料金を調査

楽天工房

数ヶ月前、Spotifyは欧州連合に公開書簡を送り、 サードパーティのサービスでAppleの慣行を調査する彼らが見られるように 劣等感 Apple Musicとの競争に関しては、この特定のケースでは、Appleのストリーミング音楽サービスはサブスクリプションに30%を支払う必要がないためです。

彼だけではないようです。 Netflix、HBO、その他のストリーミングサービスが訴訟に加わった可能性があるのは事実ですが、最終的に最初の一歩を踏み出したのは、日本の巨人である楽天でした。 あなたの本を配布するために残っている30%の手数料 そのアプリケーションを通じて反競争的です。

インターネットで本を販売している楽天の子会社である工房は、昨年30月に欧州連合に苦情を申し立て、Appleが自社のエコシステムで行われた販売に対してXNUMX%の手数料を請求していると述べた。 AppleBooksサービスを宣伝します.

Apple Musicと同様に、 AppleBooksはいかなる種類の料金も支払いません Appleプラットフォームを通じて本を販売したことで、他のプラットフォームと競合できない明らかな利点となっています。

この委員会を正当化するというAppleの主張は、 ツールを提供します アプリストアを通じてサービスを販売できるようにするため。 一部の専門家は、他の人が利益を得ることができるようにAppleがプラットフォームの運用に資金を提供しなければならないため、手数料を要求することは公正な商慣行であると言います。

Spotifyと楽天はどちらもAppleが購入またはサブスクリプションの30%を維持するのをやめたくない(年の時点で割合は15%に下がる)が、むしろ そのパーセンテージを下げる このため、企業はそれを想定することができ、したがって、AppStoreを通じてサービスを契約する可能性を再び提供することができます。

NetflixとSpotifyは、他の人と同様に、XNUMX年以上前に停止して許可しました アプリケーションを介してサービスを契約する App Storeで入手可能で、(直接リンクを追加せずに)Webサイトにアクセスするように招待します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。