はい、AppleはすでにAppleParkのSteveJobsTheaterの設計の特許を取得しています

昨年、クパチーノ社は感動的なイベントで、新しいiPhone X、iPhone 8、8Plusのプレゼンテーションが行われる新しい講堂を紹介してくれました。 このpで独特で一見シンプルな講堂 何時間ものデザイン、研究、そして何よりもお金が隠されています。

グラスファイバーの天井と、厚さ5センチ、高さ6メートルをわずかに超える巨大なクリスタルが、新しいiPhoneの発表中に、昨年、メディアを口を開けたままにしました。建設中、建物の詳細が見られ、公式発表の後、 Appleはすでに特許を取得しています。

Apple Park全体は注意深く設計されていますが、Steve Jobs Theaterには、ジョブズが会社のために彼の時代に行ったすべてのことに感謝するために、追加の感情的な意味もあります。 その意味で、囲いの本館が見える丘の頂上にあり、 講堂は、その入り口の設計に関する特許を取得しています。

彼らが私たちに言うように特許登録 あきらかにアップル、来る エンクロージャーが構築され始めた過去2016年の そして、特許出願が承認されたのは昨日まででした。 Appleにすべてを登録して特許を取得することへの依存は何年も変わっていないことは間違いありません。この場合、それは会社の新しい本社の重要な建物ですが、Appleとその特許で何でも可能です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。