Appleの特許は、将来のiPhoneがTouchIDを画面に統合することを示唆しています

画面にTouchIDを備えたiPhoneのコンセプト

多くの噂があり、一部の漏洩者はすでに「確認済み」と言っています。これにより、iPhone 7(または6SE)のホームボタンはこれまでのように沈むことはありませんが、触覚があり、物理的な反応は、私たちがそれを沈めたふりをします。 確かなことは、物理的なスタートボタンには日数が付けられているようであり、 ライセンス 昨日公開されたアップルの TouchIDを画面に統合する 本当だよ。

Appleの新しい特許は、AuthenTec社の買収に関連しており、TouchIDがどのように機能するかを説明しています。 物理的なボタンはありません。 また、タッチスクリーン全体を生体認証センサーとして使用する方法についても詳しく説明します。 アイデアを出すために、イヤピースとセンサーを除いて、フロントパネルがすべて画面であるiPhoneを想像する必要があります。ただし、それらを実装するための別の領域が見つからない場合に限ります。 デバイスのロックを解除するには、登録した指を画面の任意の場所に置くだけです。

この特許によると、AppleはTouchIDをiPhone画面に統合したいと考えています

画面上のTouchID特許 それはそのようになります 2016年にすでにこの特許を見て驚いた、そしてそれを考慮に入れると、せいぜい、今年期待されるのは別のボタンですが、存在しないわけではありません。 上の画像でホームボタンを見ることができますが、その機能を画面に追加できるのであれば、物理的に追加してもあまり意味がありませんよね? 問題は、この特許がいつ表示されるかです。 実際、2017年のiPhoneが画面にホームボタンとTouch IDを統合することを保証するという噂もあります。これにより、Appleが来年発表するスマートフォンにさらに魅力が加わり、今年のiPhoneから間接的に差し引かれます。 。

いずれにせよ、希望はあるものの、決して日の目を見ることのない特許の話ですが、それが次のステップだと思います。 それはいつ起こりますか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。