日本の独占禁止法当局は、古いiPhoneの販売を阻止しようとしてAppleを調査している

日本

Appleがインドで直面している問題に直面し、新しいデバイスの販売がほとんどなかったため、クパチーノを拠点とする会社は、 新しいモデルよりもはるかに競争力のある価格で、再調整されたiPhoneを販売する。 しかし、長い間国内に設置された企業は、国内の企業が製造した端末と競合する可能性のあるこのタイプのデバイスの販売を禁止した当局、当局に不快感を表明しました。 しかし、当局がそれを悪い目で見ている国もあれば、日本などの他の国では、地元の事業者が会社に返却せずに国内の株を処分できるようにするためにアップルを求めて戦っている。

ロイターがアクセスしたレポートによると

日本の公正取引委員会(FTC)は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループが古いiPhoneモデルを小売業者に販売することを拒否したため、中小企業に打撃を与えたと主張しています。 このレポートではAppleの名前は挙げられていませんが、政府のXNUMXつの上級筋は、規制当局もXNUMX社とのAppleの取引に焦点を合わせているとロイターに語っています。

どうやら国内のXNUMXつの主要な事業者は、ターミナルを小売業者に販売することができません。 Appleとの契約の条件には、 これらのXNUMX社が古いデバイスを市場に出していること。 契約に基づき、Appleは、古いモデルの余剰分を会社に返還して、香港などの他の市場に出荷することを要求しています。

ロイターはこの情報の明確化のためにアップルに連絡しようとしましたが、同社は提供しただけです 日本で提供されている仕事の数に関する情報 国の開発者がAppStoreを通じて取得した合計金額と一緒に。

規制当局が国の電話事業者に圧力をかけ、彼らができるようになれば、この調査はすぐに終了する可能性があります。 Appleと署名した契約条件を再交渉する また、古い端末を会社に返却することなく、敬虔な小売業者を通じて処分できる場所です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。