ティム・クック:「私たちは脱税しません」

先週末のフランス訪問中に、AppleCEOのTimCookがフランスの新聞LeFigaroにインタビューを行いました。 その中で、クックは、シャンゼリゼ通りの建物へのAppleの関心、拡張現実、人工知能、税金など、さまざまなトピックをレビューしました。

MacGenerationで述べたように、シャンゼリゼ通りに新しいPOSを構築することへのアップルの関心について尋ねられたとき、クックは会社の計画を確認しませんでしたが、可能性のある関心の存在を指摘しました。 「あなたがおっしゃったシャンゼリゼ通りのスペースについては、私たちがそれを使って何ができるかを見極める作業が続けられています。」

ティム・クックはまた、彼のフランスへの愛情について完全に語っています。 これは、当社の製品を使用するすべてのミュージシャン、グラフィックデザイナー、デザイナー、または写真家を発見し、対話するのに最適な場所です。 ここには素晴らしい創造的なエネルギーがあります。 AppleのCEOの声明は、同社が建物の所有権を取得したものの、小売スペースを建設するか、それともオフィス専用にするかをまだ決定していないことを示唆しているようです。 以前のレポートは、同社が両方をやりたいと示唆しており、その地域の商業的性質を考えると、Appleストアを構築するのが最も理にかなっています。

それ以外の場合はどうでしょうか、ドナルド・トランプがインタビューに登場しました。 米国の新大統領は、米国の領土で販売しているがそこでは製造していない関税や税金の会社に罰則を科すことを何度も主張しています。 その後、同じテーマは、米国でそれらのいくつかを組み立てるという会社への圧力の中で、アップル製品の生産に焦点を合わせました。 しかし、クック氏は、部品の出所である工場の場所について話し合うときに重要な問題が見落とされることが多いと説明しました。「これらの工場の場所の話し合いでは、製品の組み立て場所に焦点を当てる傾向が多すぎます。 製品を開いてさまざまなコンポーネントを見ると、全員が表示されていることがわかります。 ヨーロッパには4600のサプライヤーがあり、すでに大陸で11万ドルを費やしています。

クックはまた、アイルランドで起こっているアップルの税務争いにも触れた。 彼は再びそれを行い、Appleは「世界の他のどの会社よりも多くの税金を払っている」と述べた。 「私たちは世界の他のどの会社よりも多くの税金を支払います。 脱税はしません。 私たちの意見では、法律は明確です。 私たちは価値を創造するところで税金を払わなければなりません。

最後に大事なことを言い忘れましたが、クックは拡張現実と人工知能に触れました。これは、他のインタビューで何度も賞賛した1990つの分野です。 Cookは、Siriのような人工知能技術が「iPhoneをさらに良くする」ことを最初に観察しました。 iPhoneの売上減少について、クック氏はPCを、技術の進歩とともに衰退し、その後回復した業界の例として指摘し、スマートフォンについても同じ傾向を予測しました。 PCに何が起こったのか見てください。 2000年代とXNUMX年代初頭に戻ると、売上が少し落ち込んでから再び成長し始めることがわかります。 スマートフォンも同じパターンになります。 革新的な製品は常に違いを生みます。」

フランス滞在中、ティム・クックはさまざまなアップル店にサプライズ出演しました。 クックはデザイナーのジュリアン・フルニエ、VizEatの創設者であるカミラとジャン・ミシェルに会い、マルシェ・サンジェルマンにあるアップルの施設を訪れ、アーティストのJRに会いました。 クックはまた、コンビニメディア会社と一緒に食事をするために座った。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。