アップルは、タッチする必要のないマルチタッチスクリーンの特許を取得しています

3d-touch

奇妙に聞こえるかもしれませんが、それは理にかなっています。 名義で "検出と復調のための近接およびマルチタッチセンサー«、Appleはフォトダイオードまたは他のハードウェアを使用する方法を詳しく説明します 近接に敏感 従来のマルチタッチスクリーンと連携して、ユーザーとスクリーンの相互作用の領域を変更します。 場合によっては、説明されている内容は3D Touchに似ていますが、逆方向に機能します。

Lo 現在のシステム 機能するために連絡を必要としない 彼らはカメラを使います およびその他の特殊な光学システム。 この操作の例は、3年にAppleに買収され、MicrosoftがXboxで使用した第2013世代のKinectに取り組んだPrimeSenseによって開発されたモーションをXNUMXDでキャプチャするテクノロジーです。 Appleの提案は、すでに市場に存在するシステムにもうXNUMXつのひねりを加えることです。

パテントアップル

この特許で詳述されている画面には、 静電容量センサー 複数の近接センサーが重なり合うLCD画面全体に広がり、画面に触れることなく画面の近くでジェスチャーを行うことで、より完全なハイブリッド「画像」を提供します。 これは、iPhone、MacBook、またはその他のポータブルデバイスでの使用に最適化されたソリューションです。

ドキュメントは、システムが 赤外線とフォトダイオードを使います、iPhoneを耳に近づけたときに検出するために使用する近接センサーに似たものです。 LEDによって生成された光は指で跳ね返り、フォトダイオードによって収集されます。これにより、受け取った光に応じて実行されるアクションが変化します。 しかし、このシステムは指だけでなく、画面の表面上にある手のひらも検出できます。 センサーの範囲にもよりますが、空中で身振りで示す本のページをめくるのはもう想像できます。

パテントアップル-2

この特許は、システムによって収集されたムーブメントの翻訳も定義しています。 仮想ボタン、特に、画面に触れずにアクションを呼び出したり、デバイスのハードウェアの一部をアクティブにしたりします。 一方、このシステムを使用することで、Appleは、特に白いiPhoneで、スピーカーの横に表示されている現在の近接センサーを取り除くことができました。 論理的には、この特許はFaceTimeカメラの穴をなくすことはできません。

一方、この特許の技術を キーボードまたはトラックパッド、XNUMX番目のオプションは、iOSデバイスと同様のタッチサーフェスがすでにあると考えると、はるかに理解しやすくなります。 どちらの場合も、目的は新しいジェスチャーでエクスペリエンスを豊かにし、キーボードの場合は書き込みを改善できるようにすることです(そしてどのように?)。

いつも言っているように、特許が出願されたということは、それが実行されるという意味ではありませんが、企業がどの方向に取り組んでいるのかを知るのに役立ちます。 この特許に記載されているものがiPhoneに含まれている場合、おそらく問題なく手袋を着用してデバイスを使用できますが、より多くのオプションを備えたユーザーインターフェイスが表示される可能性があります。 そのアイデアについてどう思いますか?

 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

3コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ディエゴ

    その技術にはサムスンギャラクシーがありませんでしたか? 写真やメニューの画面に触れずに指を近づけると、以前に表示されていたもの

    1.    パブロ・アパリシオ

      こんにちはディエゴ。 はい。記事で説明されています。 違いは、それぞれが使用するものであり、ここで詳細に説明されているものがより正確であるということです。

      挨拶。

  2.   カルロス

    また、ホームボタンの機能を実行し(つまり、使用しているゲームやアプリに触れずに、目的の機能を実行している場合はスタートメニューに戻るジェスチャーを行う)、指紋センサーをオンにします。画面も。
    ホームボタンを一気に押すと、フロントカメラの近接センサーが読み込まれ、iPhoneの美しさが増し、同じサイズのモバイルで画面が大きくなります。
    未来はそこに到着し、Appleが到着しない場合、Samsungは到着します。