許可されていないサービスでTouchIDを変更すると、iPhoneが役に立たなくなります

iPhone-6-Plus-11

Appleに関するブログやフォーラムは、以下にお知らせするニュースで火がついています。ホームボタンが壊れて、許可されていないサービスに変更することにした場合、最大の間違いを犯して、最愛のiPhoneは役に立たない。 Appleはそれを確認しており、新しいiPhoneのTouchIDが変更されるのを防ぐセキュリティシステムです。 この識別システムを使用する場合:iPhone 5s、6 / 6s、および6 / 6sPlus。 以下にすべての詳細を示します。

このニュースは元々、ガーディアンのジャーナリスト、アントニオ・オルモスによって発行されました。アントニオ・オルモスは、マケドニアで特派員として働いていたときに、スタートボタンが機能しなかったため、iPhone 6を修理し、最もアクセスしやすいオプションである無許可の技術サービスを選択しました。 変更は成功し、ある日彼のiPhoneがiOSの新しいバージョンが利用可能であると彼に告げるまで、すべてが順調でした。 他のユーザーと同じように、更新を受け入れることにしましたが、更新が開始された直後 «エラー53»が表示され、iPhoneが完全に使用できなくなりました。 彼のiPhoneが素敵な文鎮としてのみ有用であるという確認は、彼がロンドンのApple Storeに行った直後に行われ、そこでAppleの技術者は彼に問題の解決策を与えることができませんでした。

Appleは、この問題に苦しむ多くのユーザーの失望に、それを確認しました。これは、iPhoneにアクセスするためにホームボタンが指紋センサーに置き換えられるのを防ぐセキュリティメカニズムです。 完全に無効にされたiPhoneを残された人々の怒りは大きく論理的ですが、Appleが最終的にユーザーのデータを保護することを目的としたセキュリティシステムを無防備にしようとすることは論理的です。 私たちの指紋を通して、私たちはAppStoreで購入するためのアクセス権を持っているだけではないことを忘れないでください、だけでなく、Apple Payと互換性のあるアプリケーション内から購入したり、この支払いシステムを使用するすべてのストアでApple Payを使用したり、ウェブサイトやその他のサービスへのアクセスコードにアクセスしたり、クレジットカードのデータにアクセスしたりすることもできます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。